第917回 発足例会
4R・1Z合同会報誌の編集への協力はPR・ライオンズ委員会の主な役割の一つですが、記事は取材・編集・校正・印刷を経て、読んで頂くまでに丸一ヶ月を越える期間が必要で例えば新年度発足等の7月内の事業に関する記事が一般メンバーに届くのは9月第一例会の際ということになります。4R・1Z合同会報編集委員会(委員長 岡崎南ライオンズクラブL.鈴木邦太)でも「いささか現時性に欠ける」ということで発刊日の繰り上げが検討されていますが、長年続いたスケジュール・パターンは一朝一夕には変えることが難しいようです。ところが、わが岡崎南ライオンズクラブには今年度石川会長肝いりのIT委員会が(当委員会にとって幸か不幸か)あり、手際のよい大河原IT委員長から「準備OK、ホームページに載せるからいつでも記事を送って」との連絡。ノンビリしていられないのです。そういうわけで大急ぎ、大慌ての第一報をお届けいたします。
速報
2002年7月4日(木)名鉄岡崎ホテルにおいて17:30より開催。担当は計画委員会(委員長 L.加藤宗和)。
 今年度のスタート、いよいよ石川 敏会長の正念場である。「熱い男」のイメージを持つ石川 敏ライオンの晴れがましくも緊張のご挨拶にはすでに安定感と自信がうかがえる。組織を作り、基本方針を固め、事業計画・予算の承認を得るなど最初の大きな仕事を終えられた充実感からくる自信ではなかろうか。実にうまい表現だから、長い間会長の名を「〇〇丸」という船名に、一年余りに及ぶのクラブ運営を航海に、そしてそのスタートを出航に喩えることが多かったが、今回はワインに喩えてみたい。いいワイン、個性的なワインを作るには畑を選び、さらに木を選び、葡萄の熟すのを待って遅積みをし、房を選び、果ては粒をも選ぶ。― 時には腐った(貴腐)葡萄を使うこともある−カビネット、シュペトレーゼ、アウスレーゼ、ベーレンアウスレーゼ・トロッケンベーレンアウスレーゼがそうして出来上がったワインのランクである。石川会長が腕によりをかけて漬込んだワイン、一年の熟成の後、果たして心ときめくような色と芳香を放ち、輝くような個性を持つワインに仕上がるかどうか、樽を開ける瞬間を思うとワクワクする。実は時ここに至って正念場なのは会長というよりも、むしろ葡萄のひと粒ひと粒、我々会員一人一人なのである。因みに、葡萄の作柄が優良な年をビンテージと言い、その年にできたワインはビンテージワインと呼ばれてプレミアがつく。石川会長は親しいメンバーから「ビンさん」とか「ビンちゃん」、さらに親しく口の悪い友人などには「ビン」と呼ばれる。会長(ビン)の年度(エイジ)はビンテージワインが出来上がる予感がする。
 さて、例会そのものは加藤委員長をはじめとする計画委員会の熱意のお陰で楽しい例会になった。「委員長、メチャメチャがんばっとるよ」とは例会準備中の副委員長小島ライオンの談である。懇親の部のアトラクションや2次会への心配りなど新しさを感じる意欲的な企画運営は担当委員会のご努力が伝わってくる見事な例会で今後の例会作りにも影響を与えるものが多いと感じたが、よく司会者などが使う常套句「不行き届きも多々あると存じますが…」の言葉どおりこの例会場でも御叱りの言葉をわがクラブの重鎮ライオンから頂いた。日頃から論理的で鋭い批判をされ多くのメンバーから信頼を集めるそのライオンの仰るとおり我々は事業を進める時に情熱を企画運営にそそぐと同時に一方でその内容を冷静に点検する目も持たなければならない。情熱、その熱さのために理性のガラスを曇らせてはならないのである。身の引き締まる思いのする場面であった。ただ、当の会場、開会中では、無事進行したいと願い楽しい雰囲気を壊したくないという思いの強い担当委員会にとって、舌鋒鋭いご批判に対して、まともに申し開きやお詫びや反論の出来にくい状況ではフェアとは言い難くいささか気の毒であった。

第918回 幹事報告(2002年7月例会)
2002年7月18日現在
会員数112名
終身会員 10名
優待会員 2名
正会員 97名
■おしらせ
  1. 次回は、卓話例会(花火あれこれ)です。多数の参加をお願いします。
  2. 岡崎南LCのホームページができました。http://lionsclub.ne.jp/okazaki-minamiメンバー名からメンバーHPにリンクできます。希望者は申込みください。
  3. 例会欠席者は、事務局へ必ずご連絡下さい。
■事業報告
内容 場所 時間 備考
6 ホットアンサンブル藤花荘七夕コンサート 藤花荘 13:30
6 岡崎竜城LC30周年記念コンサート シビックセンター 18:30
9 スタッフ・財務合同会議 事務局 12:00
9 L渡辺ご母堂葬儀 愛昇殿 13:00
10 第85回国際大会 大阪 12:00
11 前年度決算監査 事務局 12:00
11 理事会 高砂殿 18:00
15 大会委員会 18:00
18 第918回前年度事業決算承認例会 高砂殿 17:00
委嘱状伝達明細
334複合地区LCIF・国際協調委員長
334−A地区名誉顧問
334−A地区4R1Zゾーン・チエアマン
334−A地区ゾーン会員委員会顧問
L大久保 定
L大久保 定
L服部 新也
L服部 新也

■事業予定
内容 場所 時間 備考
19 YE生(加藤麻衣さん)出発
7/19〜8/23 スイス
関西国際空港
22 1Z 報道と懇親会
(会長・幹事・PR委員)
六本木 18:30
26 災害緊急検討委員会 高砂殿 18:00
29 4R IT研修会
(IT委員長・幹事・事務局員)
愛知学泉大学7号館3F 13:30
29 複合地区ガバナー協議会 ホテルキャッスルプラザ 12:30
30 指導力育成委員会 萬珍飯店248店 18:30

■次回例会案内
第919回 卓話例会

2002年8月1日(木) 12:30
場所 定例会場
担当 市民奉仕委員会