ライオンズクラブとは、国際協会を頂点とし各国、各地域、各地元の中で、いま必要と思われる奉仕を、また国際協会のネットワークを生かし、国の枠を超えた奉仕を行う団体であります。

ご挨拶
伝統と光輝ある岡崎南ライオンズクラブ53代会長をお引き受けする事となり、大変な戸惑いと責務の重大さを痛感しております。 会長を受け賜るにあたり、自分自身が岡崎南ライオンズクラブに入会したことを思い出しました。「ライオンズとは」ライオンズの紋章を付けていれば世界中どこでもその人がライオンズであることが見分けられる。ライオンズの紋章は紫色の円形の地に金色で「L」と描かれ、それを囲む金色の縁の両側にライオンの横顔がそれぞれ外側を向き、上部には「LIONS」下部には「INTERNATIONAL」の文字が刻まれ、ライオンの横顔は過去と未来に目を向け、「伝統に対する誇りと将来への自信を象徴している」とあります。 またライオンズのモットーは皆さんご存知のように、「We serve(私たちは奉仕する)」です。一本の小さな明かり、それはわずかに身の廻りを照らすに過ぎない。しかし、幾千万と集まれば影と闇をなくする巨大な光明となるに違いない。と記されています。LCIF(ライオンズクラブ国際財団)を通じ、世界中にあらゆる支援を行っています。ライオンズのスローガンは「Liberty(自由を守り)、Intelligence(知性を重んじ)、Our Naition’s(われわれの国の)、Safety(安全をはかる)」とあります。 また、1917年6月ライオンズクラブは、メルビン・ジョーンズの提唱により誕生し100周年、記念の年度です。 「We serve」の精神を大切に、この一年間LCIF国際援助基金を活用する事業を模索し、「明るく・楽しく・元気よく」メンバーの皆さんとライオンズ活動を行いたいと思います。

岡崎南ライオンズクラブ
第53代会長 大河原信夫

 
 
   
   
〒444-0873
愛知県岡崎市竜美台1丁目13番地
フタバ産業(株) 竜美ケ丘研修センター内
0564-83-8535
FAX : 0564-83-8636
事務局受付時間 A.M.9:00~P.M.5:00

 
Copyright© 2008 okazaki-minami lions club, All rights reserved